海外と日本の”デュアルライフ”
普通なら出来ない生き方をしようと思った。
とある社畜がPC1台で場所・時間に関係なく稼げる
副業を実践し、一気に未来が開けた。
雇われる人生にサヨナラ出来る可能性と喜び、
その”方法”を伝えたい。
そんな思いで『初心者向け特別テキスト』を公開!
国際結婚

国際結婚をすると国籍が替わると思っている人?

 

 

僕は国際結婚をしているが、それを日本の人に話すと、
決まって言われるのが次のようなこと。

 

「奥さんの国籍も日本になるんでしょ?」
「川越さんは日本人じゃなくなったの?」

 

自分ではこんなこと言われるなんて考えたこともなかったけど、
外国と接点のない人にとっては、その程度の認識だったのかと
改めて思い知らされた。

 

「国籍」と「滞在許可」(通称ビザ)はまったくの
別物であるということが知られていないということが。

 

 

 

僕は日本国籍で、妻はマレーシア国籍。
僕と妻は「夫婦別姓」だ。
日本人と外国人(外国籍の人)が結婚する場合、
みんな夫婦別姓になる。

 

同じ姓になるには日本国籍を取得、
つまり「帰化」して日本名をつけるしかない。

 

 

 

ただし、日本国籍を取得せずとも、
「通称名」という名前が便宜上使用可能だ。

 

 

 

妻が持っている日本の運転免許証には、
3つもの名前が書かれている。

 

1つ目はパスポートに書かれている英語表記の名前。
これが正式な名前で、住民票にも一番先に記載される。

 

2つ目は漢字(Chinese Character)での名前。
妻は中華系マレーシア人なので、中国人のような漢字の名前がある。
発音は基本的に1つ目と同じだが、広東読みと北京読みでは
発音が異なる。

 

3つ目は姓が僕の「川越」、名がカタカナで書かれたもの。
つまり「川越 ○○」のような形だ。
日常ではあまり使用せず、日本にいた頃では、
夫婦関係を明確に示したい時などに限定して使用していた。

 

 

 

外国人に対する日本での長期滞在許可に関して、
日本人と結婚して3年も日本に住んでいれば
大体の人は永住許可(永住「権」ではない)が得られる。
(但し中国人とフィリピン人の審査は厳しいとされる)
国籍は滅多なことでは替わらない。

 

国籍はその人のアイディンティティだと僕は考えている。
僕は妻に日本国籍を取得してほしいとは思わないし、
むしろマレーシア人として生きてほしいと思っている。

 

グローバル社会が昔から言われている昨今、
せめて国籍と滞在許可くらいの知識は、
もう少し多くの人が知っていても良いのではないかと思った。

 

 

パソコンとネットさえあれば場所を選ばずに稼げる方法を公開中です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です