fbpx
だいたい日本、ときどき海外。
こんなライフスタイルあってもいいでしょ?
社畜サラリーマンとして働く日々が苦しくて仕方がなかった時にPC1台で稼ぐスキルをマスターし、自由に生きていいことに気付く。
自分と同じ悩みを持つ人へ、まず月収10万円を目指して一歩踏み出すことで人生が変わることを『無料特別テキスト』を通じてお伝えしたい・・・
社畜

ブラック企業から今すぐ逃げろ!在宅ネットビジネスのメリットと比較してみた

 

ども、Kosukeです。

ブラック企業で働き続けることはとても難しいと、当たり前のことですが結構以前から言われています。

最近では人手不足の業界が増えてきたせいか、緩やかにブラック企業化する会社が増えてきたように思えます。

そのまま心も体も壊してしまい休職、そのまま退職という流れのまま、傷を負ってしまう人も珍しくありません。

その一方、在宅でテレワークというスタイルが大手企業を中心に叫ばれ始め、個人でも家に居ながらネットを使って物販や文筆業、ネットビジネスに取り組む人が増えています。

心の病や家族、生き方など多くの問題が発生している現代において、これからの「働き方」をどう捉えたらいいのか、私なりに考えてみました。

 

ブラック企業で働くのは自殺行為!今すぐ逃げろ!

ブラック企業の恐ろしいところは、やめるという選択肢を考えさせないほどに激務漬けにすることです。

『洗脳』とも言うべきこの体質は、従業員に長時間働くことが義務だと強く思いこませることが会社側の最低な点です。

考える余裕さえも与えず、もはや会社の”奴隷”です。

「気が付くと電車に飛び込みそうになっていた」

「朝ふとんから起き上がれなかった」

「会社最寄りの駅で降りられなかった」

 

ブラック企業で働き、もはや限界が来てしまった人たちが叫んでいる言葉には、悲痛なものがあります。

 


出典:twitter

私も終電に間に合うために会社から走って駅まで向かったことはよくありましたが、さすがに電車に飛び込もうとまではいっていません。

しかし、そんな状態にまでなってしまったら、明らかに危険信号です。

 

私の父親は50代の頃、電車で会社に向かう途中、極度に気分が悪くなってそれ以上電車に乗っていられなくなり、途中の駅で降りてしまいました。

その後、同じような症状が度々現れ、中途退職してしまったのです。

その後も耳鳴り、めまい、脱力感に悩まされ、60代も後半になった最近になってようやく落ち着いてきました。

 

父親はテレビ業界の末端に携わっており、勤務時間は不規則で夜出勤・朝退社ということもよくありました。

私が小学生の頃、父が昼間家にいることも多かったのですが、働くというのはそれが普通だと思っていたので、他の家庭とどう違うのかもよく理解していませんでした。

長期間不規則な仕事をしていたせいで、心身に影響を及ぼしてしまっていたのでしょう。

 

『働くということは楽ではない』

それは昔から当たり前のように言われ、常識とも言える概念です。

お金を稼ぐということは、それくらいのことと釣り合うという価値観です。

その価値観は、現代の日本でも受け入れられているのでしょうか。

それは大きく違ってきていると私は感じます。

 

『うつ病になって心も体も言うことを聞かなくなるくらいの対価を会社からもらったの?』

自分がもしそうなっても、そんなことは決してないと言える自信があります。

ブラック企業でそんな目に合うくらいなら、全力を振り絞って会社を辞めるべきでしょう。

辞めるのにも非常に大きなエネルギーが必要でしょうが、そのエネルギーさえも失われる前に、退職代行サービスの力を借りてでも一歩前に進むべきかと思います。

 

悩んでいる方は、関連記事もぜひぜひ読んでみてください。

ブラック企業を辞めたい…相談前に読んで!50人の退職理由と方法とは?いま大きな社会問題となっているブラック企業! ブラック企業を辞めたい…でもなかなか辞められない…。 そんな苦しむ人をなんとか...
ブラック企業をやめたい!でもやめられない…でもコレだけはやって!ブラック企業、社畜、これらのワードはもはや定着していますよね。 超絶長い拘束時間、青天井な残業、非情なる休日出勤…どれもこれも世の...

 

なぜ今、在宅ネットビジネスに目を向けるべきなの?

会社で心を消耗して治らない傷を負うくらいなら、もっと違う道を選んで進んでいってもいい、それが公然と許されるのが今の時代だと思います。

以前は会社勤めが当たり前の風潮で溢れていましたが、今は多様な生き方が認められる時代だと思います。

その一つが、インターネットを使った各ビジネスです。

 

クラウドワークスやランサーズといった、ライター業的な文章作成もその一つですが、まとまった金額を稼ぐにはスキルも時間も必要で、何より毎日長時間キーボードを叩き続ける忍耐力が不可欠です。

それならば、私なら「アドセンス」に目を向けるべきだと考えます。

アドセンスとは「Google Adsense」という、ブログ等に広告を張り付け、それをクリックされることで収益を得る、世界中で行われているプログラムです。

それでは、なぜこのアドセンスを挙げたのか、理由をお知らせしていきます。

 

1.未経験者が始めるハードルが低くなった

かつては無料ブログが流行し、誰でも簡単にブログが作れる頃がありました。

それは趣味や日常のことを綴るものが多く、利益を得るためにブログを運営する人はまだ少なかったように思います。

しかもブログサービスを提供する会社が広告を表示させるため、広告収入はブログ運営会社が総取りです。

 

ですが今では個人でサーバーの一部容量をレンタルし、ドメインを取得して設定し、世界に一つだけの、自分だけのドメインを持ったオリジナルブログが月1.500円程度で持つことができます。

しかもパソコンに詳しい人だけが出来るものではなくなり、初心者でも解説サイトや動画で手順を見ながら操作すれば出来てしまいます。

そしてここに広告を貼れば、広告収入は自分が総取りです。

 

2.個人でもアクセスを稼ぐことが可能になった

企業が運営するサイトやブログの方が、検索上位にも表示され、アクセスも多く稼げる。

たしかにそれは合っています。が、絶対ではありません。

世界最大の検索エンジンであるGoogleでは、広告料を払って上位に表示させるPPC広告を除き、企業サイトと個人ブログの取り扱いに明確な差異はありません。

検索エンジンで上位に表示されるには、「検索者に有益な情報を与える、より価値の高いサイト」であることが最重要視されるからです。

「価値の高いサイト」とはいったいどういうものなのか、実はその概念は日々変化していますので、常にアンテナを張ることが大事です。

SEOパワーで検索順位を上位に上昇させる方法とは? どんなネットビジネスでも、 サイトにアクセスしてもらわなければ 始まりさえもしません。 その命綱とも言えるのが...

個人でも企業サイトと張り合えるブログを十分育てられます。

私もかつて企業運営のニュースサイトと検索上位をかけてしのぎを削っていました…。

(今はそのサイトは半放置ですが、収益は継続発生しています)

 

3.駅のホーム、電車内の人たちを見てください

どういうことかと言うと、みんな、何をしていると思いますか。

そうです、スマホ(スマートフォン)を見ているんです。


出典:AERA

スマホをいじっている人は、大概ネットを使っています。

LINEやツイッター、フェイスブックなどSNSを使っているもいれば、ゲームに夢中になっている人もいます。

時代が進めば進むほど、幼いころからスマホに慣れ親しみ、当たり前のようにネットをしています。

これからもますますネットとスマホに依存する傾向は強まると思います。

 

その時代の流れを見ていれば、ネット広告の存在感はテレビCM以上となる可能性は高いとも思いますし、何よりネットユーザーの母数が多くなることで、多くの人がブログにアクセスすることが期待できます。

もはや企業はYouTuberとタイアップしたりするのが当たり前になっていますよね。

 

それを考えると、ブログ等のサイトに広告を貼るGoogle Adsense(グーグルアドセンス)は、その収入だけで暮らせるくらい稼げる力を与えてくれます。

 

まず月10万円を目指して、達成後にその後を考えてみませんか?

副業として気軽に始められるハードルの低さがアドセンスの強みです。

簡単にすぐ結果が出る!といったものではありませんが、正しいやり方、適切な作業量をもって実践すれば、かなりの確率で結果が出せるものと私は確信しています。

 

月10万円ともなると、年収ベースで120万円となります。

もちろんそれだけで生活していくことは困難ですが、そこから20万円、30万円と収入を増やしていくことが可能です。

 

ともなると、ブラック企業で毎日消耗しながら生きていくことが、果たして続けていくべき道なのか? おのずと結論は出ると思います。

取り返しのつかない状態にまで陥ってしまう前に、あなたの進むべき道を、ここで立ち止まって考えてみるのもいいかと思います。

 

POSTED COMMENT

  1. アバター nuts より:

    こんばんは。
    ブログランキングから来ました。
    私もブラック企業で身体を悪くしました。
    絶体にいい事はないですね。
    色々と参考になりました。
    ありがとうございます。

    • Kosuke Kosuke より:

      コメントありがとうございます!
      ブラック企業で身体を壊された、その後大丈夫でしょうか?
      使うだけ使って、本当に許せないですね。
      辞めて良かったと、見返してやりましょう!

  2. アバター イース より:

    こんにちは。
    ランキングから来ました。
    ブラック企業に意地になって働くぐらいなら、
    その根性があるなら、在宅ネットビジネスをやった方が成果でそうですね。
    病気になりそうな人はぜひやってほしいです。

    • Kosuke Kosuke より:

      コメントありがとうございます。
      ブラック企業で働いていいことなどありませんよね。
      これからもよろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です