fbpx
海外と日本の”デュアルライフ”
普通なら出来ない生き方をしようと思った。
とある社畜がPC1台で場所・時間に関係なく稼げる
副業を実践し、一気に未来が開けた。
雇われる人生にサヨナラ出来る可能性と喜び、
その”方法”を伝えたい。
そんな思いで『初心者向け特別テキスト』を公開!
ライフスタイル

人口と年収から見て日本の未来は明るい?暗い?

 

人口というものは、国の力そのものに大きく影響していると思います。

一人一人の力は小さくても、たくさん集まれば、その力はとても大きなものになります。

まさに、ドラゴンボールの「元気玉」のようです。

 

例えば中国。

人々の平均年収(農村部まで含めると)はまだまだ日本には遠く及びません。

しかし人口は13億人を超え、GDP(国内総生産)は日本を超えます。

もちろん、一人当たりの年収は日本より大分低いのですが。

 

ですが、例えば一人一人の年収が100円上がったとしたら、人口13億人なので1千3百億円上がります。

日本だと人口1億2千万人なので、120億円上がりますが、単純にその差は10倍以上にもなります。

もちろん、100円上がること自体、中国と日本では物価の違い云々で意味合いに差はあります。

しかしその差は年々縮まっているのではないでしょうか。

 

もし、今後中国が順調に発展を続けていけば、GDPも当然上昇します。

日本の人口が減少を続け、高齢者の割合がどんどん増加していけば、日本のGDPは減っていきます。

両者の差はどんどん広がり、アジア経済の主役は既に交代していると言えます。

 

日本の人口が減少していけば、企業にとって日本国内では少ないパイの奪い合いとなります。

企業が売り上げを維持、増加させるには、顧客数を増やすか、客単価を上げるしかありません。

人々の給料が上がっていれば、自然と客単価も上がるかもしれませんが、給料がこれからどんどん上がっていくなんて、夢物語のようです。

 

では、もっとたくさんの人に売るしかありませんが、日本国内にいる人は減っていくばかりです。

ならば、海外の人に買ってもらうしかありません。

企業が日本の外に目を向け、主要市場を海外へと移し、終いには会社そのものを海外へ移転させるかもしれません。

そうなれば、日本国内がどうなるかは明らかです。

しかし顧客数を増やすために、すでに市場の主戦場を海外としている日本企業は数多くあります。

 

今までは日本人しかできない仕事が多かったため、日本国内への依存が強かったのかもしれません。

しかし今、十分な教育を受けている途上国の若者には、日本人を超えている人材が大勢いる現状があります。

語学力でも、ハングリーさでも。

そのような若い人材が、中国やアジア各国には日本の何倍もいるのが現実です。

 

マレーシアでは人数こそ少ないものの、英語、マレー語、さらに中国語が日常的に使える環境が存在します。

日本への留学生であれば、さらに日本語が加わります。

言葉さえ通じれば、どのようなビジネスでも商談が出来るし、何よりつながりが出来るので、ビジネスでは非常に有利です。

 

いま、日本人は大きな岐路に立たされています。

日本だけにとどまり続ければ、未来はありません。

日本の外に目を向ける必要があるように思えてなりません。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です