fbpx
だいたい日本、ときどき海外。
こんなライフスタイルあってもいいでしょ?
社畜サラリーマンとして働く日々が苦しくて仕方がなかった時にPC1台で稼ぐスキルをマスターし、自由に生きていいことに気付く。
自分と同じ悩みを持つ人へ、まず月収10万円を目指して一歩踏み出すことで人生が変わることを『無料特別テキスト』を通じてお伝えしたい・・・
ネットビジネス

会社員の副業・アフィリエイトが会社にばれない方法を実体験から教えます

 

現在、会社員副業はかつてないほどに流行しています。

これまでは就業規則などで副業禁止されていることが一般的でしたが、社員のスキルアップに繋がることから、副業を解禁する大手企業も現れています。

 

しかしそれはほんの一握りの会社だけで、ほとんどの会社はこれまで通り副業禁止だと思われます。

では、多くの会社員はアフィリエイト等の副業は絶対できないのでしょうか?

 

いいえ、そんなことはありません。

何故なら、サラリーマンをしながら副業アフィリエイトをずっとやっている私がいるからです…。

 

そこで今回は、

会社員の副業・アフィリエイトが会社にばれない方法実体験から教えます」

というテーマでお送りします。

 

どれだけの会社員が副業をしている?

2017年に転職サービスのエン・ジャパンが行ったアンケートがあり、5,500人以上の会社員が対象となりました。

その中で、副業経験に関する項目があり、非常に興味深い内容ですので紹介します。

 

Q1.副業に興味はありますか
A1.興味がある→88%

 

Q2.興味がある理由は?
A1.収入を得る→83%
スキルアップ→23%
キャリアを広げる→17%
(※複数回答)

 

Q3.副業経験はありますか
A3.ある→33% ない→67%

 

Q4.何の副業をしましたか
A4.アルバイト→61%
ポイントサイト等→20%
アフィリエイト→7%
(※複数回答)

 

Q5.副業で月に稼ぐ金額は?
A5.1~3万円→24%
3~6万円→24%
5~10万円→19%
5千~1万円→11%
5千円未満→11%

 

Q6.副業を現在でも続けていますか
A6.続けている→38%
やめた→62%(辞めた理由)
・マイナンバー導入でバレそうになった
・会社にバレた
・本業が忙しくなった

 

すごい内容のアンケートですね!

驚きなのは、「みんな副業に興味あるんじゃん!」ということです。

でも、会社にばれて辞めてしまったり、ばれる前に辞めたりと、勿体ないことも多くあるようですね。

 

会社員の副業が会社にばれないようにするには?

さて、会社員が副業を実践するうえで、何をやるかという問題もありますが、

どれをやるにしても気を付けるべき点と言うべきことがあります。

実際に会社員をしながら副業を行う私の経験から、会社にばれないための”3つのこと”を紹介します。

 

1.会社の人には絶対に話さない

稼げるようになると、他の人との優越感から、つい雑談などで話してしまいがち。

ところが噂というものはウイルスのようにあっという間に広がっていくものです。

…その噂が総務に伝わってしまうのは時間の問題ですね。

 

油断しがちなのは飲み会の席です。

お酒が回って気持ちよくなり、開放的になると自慢をしたくなるかもしれません。

これは非常に危険です。

会社内では、自分の胸に秘めておいた方が無難です。

 

2.会社のパソコンで作業をしない

実は私、昼休みに会社のパソコンでブログを更新していたのですが、かなり危ない橋を渡っていました。

今や多くの会社では、業務用パソコンはセキュリティの関係で監視されています

具体的には、アクセスしたサイトのログ(記録)が取られています

 

通常では調べられませんが、サイトを見ていて運悪くウイルスに感染すれば、それをきっかけにアクセスログを解析され、副業がばれる可能性が高まります。

 

もし会社の昼休み中に作業をするならば、スマホで出来ることだけにしたり、

自分のノートPCと、自回線(スマホのテザリングなど)で済ませた方が、会社ばれリスクを低減できると思います。

 

3.確定申告の住民税納付でヘマしない

これは副業が成功して、ある程度稼いだ人に関係します。

給与がある人(会社員、契約社員、派遣社員…)で、”所得”が20万円を超えたら確定申告(税務署に確定申告書を提出)する必要があります。

所得とは収入から経費(支出)を除いたもの(=利益)のことです。

 

税務署に確定申告する際、住民税の納付方法を選ぶ記載があります。

住民税の納付方法には2種類あり、

特別徴収」(天引きのこと)と、
普通徴収」(自ら支払う)があります。

サラリーマン(会社員)は原則、特別徴収となり、給与明細の控除欄に必ず記載されているはずです。

 

副業で儲かり、自分で確定申告をする際、必ず普通徴収を選択してください。

つまり自分で住民税を支払う方法です。

 

もし「特別徴収」を選択してしまうと、会社があなたに代わって住民税を納付した際、税務署から

納付した住民税の税額が違います。●●さんはもっと稼いでいますよ

と会社に告げられてしまいます。

 

そうなると、会社はあなたの調査を始め、そこで副業の存在がばれてしまうのです。

 

アフィリエイトは副業に向いている

副業は多くの種類がありますが、会社にバレたくない場合は、家で出来る「ネットビジネス」が向いていると思います。

ネットビジネスで副業に一番向いているのは「アフィリエイト」です。

 

アフィリエイトとは、インターネット上にブログを作り、広告を貼り付けてクリックしてもらったり、商品をオススメして購入してもらい報酬を得るビジネスです。

 

多くのビジネスはまとまった元手がないと始めることすらできず、しかも失敗すれば大きな投資額は戻ってこないでしょう。

一方アフィリエイトは「パソコン」と「インターネット回線」があれば、すぐに始められます。

そして必要経費年2万円程度金銭的リスクは非常に低く、無いと言っても過言ではありません。

転売や株取引などは、ある程度まとまったお金(10万円~くらい?)が必要です。

 

そしてアフィリエイトはスキマ時間を使って作業ができるので、家族のいるリビングで、ノートパソコンで作業が出来るので、家族との時間を犠牲にすることもありません(作業には集中しなければなりませんが)。

 

アフィリエイトは「始めやすい」「金銭的リスクが少ない」という点で、もしうまくいかなくても失うものが非常に少ないのです。

 

私もまったく未経験から副業として始め、コツコツ学んで月収10万円程度の実績は一応継続して出しています。

 

その経験をもとに、

ネットビジネス未経験者・初心者向け教科書Passport to UTOPIAをこのたび作りました。

80本以上の動画、100以上のコンテンツからなり、スマホでも学ぶことができます。

 

ブログアフィリエイトの具体的な始め方も動画で解説しているので、ブログアフィリエイトを始めるきっかけになればと思います。

今なら無料でダウンロードできますので、下の画像をクリックし、手に入れてみてください。

  ↓

 

POSTED COMMENT

  1. アバター takasan より:

    会社にバレない方法、助かります、ありがとうございます。

    • Kosuke Kosuke より:

      コメントありがとうございます。参考にしていただけたら嬉しいです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です