マレーシア人との婚姻手続きに必要な書類の解説

 

前回、東京・渋谷にあるマレーシア大使館

でもらった「婚姻手続きの流れ」説明書を

紹介しましたが、その中に聞き慣れない

ものがいくつかあると思いますので、

今回はその解説をしようと思います。

 

・マレーシア本国の身分証明書

これは現地で「IC Card」と呼ばれ

るものです。

日本でいうところの「住基カード」

「マイナンバーカード」です。

国民全員が持っており、何かの契約や

手続き、銀行通帳の記帳、数万円以上の

両替など、日常生活でも結構な頻度で使用

します。

ICチップが埋め込まれ、表面には本人の

写真が印刷されています。

このカードはマレーシアではかなり以前

からあるので、案外マレーシアの方が

日本より進んでいたようですね。

 

・在留カード(旧・外国人登録証明書)

日本に住む外国人なら必ず持っています。

以前は「外国人登録証明書」という名前

でしたが、現在は書式が変わり

「在留カード」になりました。

観光滞在以外のビザで日本にいる外国人

に対し発行され、一応常に携帯していなけ

ればならないことになっています。

顔写真のほか在留資格や期間が表記されて

います。

・独身証明書

日本ではあまりなじみがないですが、

マレーシア(特にイスラム)では重要だと

思われます。

宗教的に初婚か処女かは重要視されるの

です。

こちらはマレーシアの役所でしか発行でき

ず、渋谷の大使館では発行できません。

であるので、マレーシア本国にいる家族や

親戚に発行して送ってもらうのが定石と

なっています。

実は日本人も日本の役所で発行できるの

です。

結婚相談所に入会する際、本書類により

独身を証明するらしいのですね。

戸籍謄本(抄本)でもわかりますから、

どちらでもいいのでしょうけど…。

 

・婚姻要件具備証明書

上述の独身証明書と類似しますが、日本人

同士の結婚では戸籍を調べれば未婚である

ことが一目瞭然ですが、戸籍制度は日本や

韓国、中国くらいしかやっていないので、

外国籍の人はよくわかりません。

そこで外国籍の人の母国が、その人を独身

で結婚に問題がないと国が証明するもの、

それがこの婚姻要件具備証明書です。

独身証明書と似ていますが、独身証明書は

マレーシア大使館に提出するためのもので、

婚姻要件具備証明書は日本の役所に提出す

るためのものなんです。

 

私の場合、マレーシアに住む妻の母が役所

でまず独身証明書を発行し、それをEMS

(国際郵便)で日本の私たちの元へ郵送、

そして渋谷のマレーシア大使館に提出し、

婚姻要件具備証明書を発行、といった運び

です。

ちなみに渋谷の大使館で本書類を発行する

には500円かかります。

英語ですので、和訳(自分で翻訳可)を

添付して日本の役所に提出します。

 

・出生証明書

マレーシアの場合、出生の届け出をしたと

きに発行されるのですが、なんと原本を自

分で大事に保管しなければなりません。

しかも手書きです。

無くしたら再発行されないと聞いています

が、ホントかなあ…。

何故こんな大事な書類を自己保管させるの

か謎です。

ちなみにマレーシアでは公式書類は全部

マレー語なので、英訳をした書類も

マレーシアの役所で作成してもらい

ました。

 

・外国人登録原票記載事項証明書

日本に住む外国人のための、いわゆる

住民票のことです。

ですが、在留カードが出来たタイミングで

外国人も住民票を発行できるようになった

ため、現在ではこの書類は存在しません。

今では日本人と変わらず住民票を発行して

持って行けばいいのです。

 

まとめ

普段目にしない色々な書類がありましたね!

国際結婚は手続きが煩雑で、国によって

やり方も書類の種類も違います。

しかも日本と外国、2つの国で婚姻手続きを

しなければならないのです。

 

重要なのは

「フローなどで全体を把握する」

「何の書類が必要か書き出す」

「必要な書類の取得方法を調べる」

「相手国の親族に協力してもらう」

こういったことなんです。

 

そして、

「諦めず一つ一つ、つぶしていく」

ことが大事です!

歩いていれば、いつかは山頂にたどり

着きますから!

(本記事は実際に私が婚姻手続きをした

2010年時点の情報をもとに書いているた

め、現在とは一部が異なっている可能性が

あります)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です