必ずいる「結婚するなら外国人」な人

 

 

近頃、データ上では国際結婚の数は減った。
だが結婚する上で「外国人」という望みを持つ人は
少なからずとも存在するようだ。特に日本人女性に。

 

ここで、現実面で国際結婚する上でのメリット、デメリットを
思いつくままに書き出してみた。

 

 

 

(メリット)
・より深い異文化体験、濃い交流が可能となる
・相手の国の長期ビザを取得しやすくなる(日本以外に暮らせる国が出来る)
・相手の国で不動産を所有することが出来る(配偶者名義だが)
・日本人離れした、優れたルックスの子供を持てるかも
・支払った年金掛け金を払い戻せる(面倒だが)

 

(デメリット)
・考え方、文化、言語の違いから夫婦関係が破綻しやすい
・周りや世間の眼が気になる場合がある
・子どもの外見や名前が日本人離れしているといじめられるリスクがある
・帰化しない限り選挙権がない
・帰郷にお金・時間がかかる

 

 

 

いま挙げたメリット・デメリットは、国によっても大分変わる。
日本人同士の結婚に比べれば格段に面倒だし、それはずっと続く。
だがそれでも、外国人との結婚を希望する人は一定数存在する。

 

これからの時代、相手の国の長期ビザや不動産所有の可能性が
大きく開けるのが大きなメリットとなるだろう。
日本に軍事的・経済的な危機が到来しても、普通の人が
持つことのできない選択肢を選ぶことが可能なのだから。
それを選ぶ人が多いか少ないかは、実のところわからないけど。

 

だが、そのような理由で外国人男性との結婚を望む日本人女性は
少ないだろう。ルックス、包容力といった、日本人男性以上に
多くの魅力を持っていることが原因であることが多い。

 

特に女性に尽くす、はっきりと愛情を表現する、というのは
日本の男にとって「恥ずかしい」と思われることが多い。
それを当たり前のようにやってのける男が外国人男性だ。

 

豊かな愛情表現を体験してしまい、結婚を外国人とする、と
決めた女性の前では、日本の男など錆びて動かなくなったドアの
ようなものだ。二度と彼女らの前には、その扉は開かれなくなる。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です