サイトマップ自動作成と検索!Google XML sitemaps導入とサーチコンソールへの登録・設定

サイトマップ自動作成と検索!Google XML sitemaps導入とサーチコンソールへの登録・設定

サイトマップとは何なのでしょうか?

サイトマップとは、言わばあなたのサイトの「フロアマップ」です。広大なショッピングモールへ来たら、まず確認したいのがフロアマップですよね。

しかし、その全体図(フロアマップ)が必要なのは、実は訪問者ではなく、Googleなど検索エンジンなのです。

検索エンジンがあなたのサイト全体をクロールし把握するために、この全体図(サイトマップ)が有効なのです。というわけで、サイトを立ち上げたら、この設定もしておきましょう。

Google XML sitemaps

↑コピーしてプラグイン検索にご利用ください

 

まず、Google XML sitemapsをプラグインとして導入・設定します。動画にあるように、Sitemapプラグインのインストールは簡単です。

その後、設定でサイトマップのURLを入力する必要があります。「あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL」と書かれた部分を探し出し、アドレスにうち「sitemap.xml」と書かれた部分をコピーしてください。

 

そして、Google Search Console(グーグルサーチコンソール)にその設定を入力するのですが、それ以前に自分のサイトが登録されていることが前提です。もしまだ登録していない場合は、下記リンク先を参考に登録してください。

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)の登録・設定方法についてはこちら

 

その後、サーチコンソールのホーム画面から、登録されているサイトアドレスをクリックし、続けて左メニュー「クロール」→「サイトマップ」とクリックし、右側にある赤いボタン「サイトマップの追加/テスト」を押します。するとアドレスを入力する画面が出てくるので、こちらに先ほどの「sitemap.xml」を入力し送信ボタンをクリックします。

無事登録されれば、下記画面のように「自分のサイトマップ」に登録されています。あとは自動でサイトマップデータのやり取りを行ってくれますので、放置で大丈夫です。

一度設定してしまえば、あとは放置ですので大丈夫です!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)