海外と日本の”デュアルライフ”
普通なら出来ない生き方をしようと思った。
とある社畜がPC1台で場所・時間に関係なく稼げる
副業を実践し、一気に未来が開けた。
雇われる人生にサヨナラ出来る可能性と喜び、
その”方法”を伝えたい。
そんな思いで『初心者向け特別テキスト』を公開!
海外生活

マレーシアの食べ物・料理は本当にまずいのか?中華料理・マレー料理とは


ナシ・ロマ(Nasi Lemak)

 


肉骨茶(バクテー)

↑おなかが空いている方、ごめんなさい!

 

マレーシアの食べ物・料理はまずい!
と言われていることがあるみたいです。

でも、マレーシアの料理は美味しい。
私は素直にそう思います。

だけど日本人にとっては、毎日そればかり
食べるのはキツいかもしれません。

当たり前と言えば当たり前ですが、
日本人は毎日米とみそ汁が食卓に出て
きてもイヤとは思わないでしょうし、
それはマレーシア人も一緒です。

 

マレーシアには主に3つの民族がいます。
マレー系・中華系・インド系です。

それぞれ食べる料理も違うし、
実はレストランも3つに分かれています。

 

まず、宗教で分かれているんです。

マレー系は原則イスラム教徒(ムスリム)
ですが、イスラムの教えでは豚は不浄の
ものとされて、豚肉は食べられません。

それだけでなく、豚肉を扱うレストランに
入ってはいけないのです

このようなレストランはノン・ハラール
(Non Halal)といって、中華系やインド系、
つまり非ムスリムの人しか行きません。

 

マレー系は豚肉を扱っていないハラール
(Halal)のレストランへ行きます。

ここでは、ココナッツミルクで炊いた
ご飯と辛いソースが添えられた
ナシ・ロマ(Nasi Lemak)や、

甘辛ソースで食べる焼き鳥サテ(Satay)
スパイシーな焼きそばミー・ゴレン
(Mee Goreng)などがあります。

 

中華系は日本人に最も近い食文化を
持っており、中華料理と思って頂ければ
いいかと思います。

多くが中国南方から移民してきた歴史が
あるので、広東・福建・海南風の
中華料理です。

海南鶏飯(ハイナン・チーファン)、
肉骨茶(バクテー)
スチームボート(魚・野菜の鍋物)
などがあります。

さらに、マレー系と中華系が混ざって
出来た料理もあり、ココナッツミルク風の
カレーラーメン、カリー・ラクサなどが
代表です。

日本でもカップヌードルで
「シンガポール風ラクサ」というのが
あるかと思いますが、コレです。

スパイシーで美味しいですよ!

 

インド系はヒンドゥー教徒が多く、
ベジタリアンなので、肉を食べない人が
多いです。

でも規律は結構緩くて、肉を食べる
インド系も実はたくさんいます。

インド系の料理はロティ(薄いナン風)や
フィッシュヘッド・カレー等があります。


缶詰イワシが入ったロティ・サーディン

 

また、マレー系・インド系は右手で食べる
人もよく見かけます。

バナナの葉に盛られたご飯やカレーを
3本指でつまんで食べるのです。

 

 

これらはマレーシアに来た当初は
よく食べました。

が、今では家でご飯を炊いてみそ汁を
よく作っています。

理由は簡単です。

 

マレーシア料理ばかりでは
「飽きる」からです…。

食事は毎日のことなので、
なかなか難しいですね!

 

パソコンとネットさえあれば場所を選ばずに稼げる方法を公開中です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です