3つのマレーシアと1つの日本

 

 

 

マレーシアに来て思うのは、

「マレーシア人とは何者なのか」

ということ。ここには本当にたくさんの人種が歩いている。

 

大雑把な人種構成が、6割は肌の浅黒い「マレー系」、

2~3割は見た目日本人に最も近い「中華系」、

1~2割は見た感じ最も違和感のある「インド系」。

 

もともとはマレー系が土着の民族として暮らしていたが、

中華系は戦火を逃れて新たな商業地を求め、

主に中国南部から移住してきた。

インド系はイギリス植民地時代にインドから移住してきた。

そして、今日の”多民族国家”と称される形が出来上がった。

 

お互いにはマレー語もしくは英語で会話をするが、

中華系の中では福建語、広東語、客家語、北京語などで話す。

同じようにインド系同士ではタミル語、ヒンディー語で話す。

 

最近では現地化が進み、各中国語が話せず英語しか話せない中華系、

同じように英語しか話せないインド系も増えている。

これはマレーシアよりもシンガポールで顕著と聞く。

 

 

こんな環境、日本ではまず見られない。

無理やり置き換えれば、「方言」「標準語」が

それにあたるかもしれない。

 

だけど、見た目は同じ日本人。

みんな米や魚を箸で食べるし、

北海道から沖縄まで同じような「洋服」を着る。

 

でも、マレーシアではすべて異なる。

隣の人は手でご飯を食べている。その隣はベジタリアンだ。

トイレでも紙を使わず水で洗う人もいれば、

沢山の布を巻いて服にする人もいる。

 

でも、それがマレーシアの「普通」。

指をさしてバカにする人もいないし、笑ったりもしない。

 

 

では、「島国」日本ではどうだろうか。

画一的。集団主義。出る杭は打たれる。

日本社会を的確に表した言葉の数々。

 

例えば、こんな場面を目にしたことはないだろうか。

小学校で給食を食べるのが遅く、周りにバカにされたり、

先生にどやされたり。

自分の思い通りに生徒が動かないと舌打ちをして悪態をつく教師。

オフィスワークなのに今日まで制服があり続ける会社。

スーツの下のワイシャツは白無地が当たり前と

ビジネスマナーの一言で片づける上司。

 

みんな同じように、自分の意志にそぐわないと

気が済まないのだ。

 

 

マレーシアの許容力には驚かされる。

もちろん、その中には様々な問題をはらんでいる。

しかし、その変化に対応せざるを得ない環境が、

経済のグローバル化、言語の適応性に

難なく対応できている。

 

 

日本人しかいない日本は、日本人だけでこの先、

世界の変化に適応していけるのだろうか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です