国際結婚&マレーシア移住しちゃったアニオタなオレ

マレーシア人女性と国際結婚したOtakuが海外に移住した。実際のところどうなのか、実体験に基づき情報を大提供!

わくわく国際結婚

国際結婚の「婚活」は○○しないことがコツ?

2016/07/29

 

そもそも、婚活という行為自体に懐疑的なのだが、
こういったことは実はある。外国人との結婚相談所がそれだ。
ただ、僕はこの国際結婚相談所にも懐疑的だ。
トラブルが山のようにあふれ、公共機関である国民生活センターにも
相談や苦情が多く寄せられているのだ。

 

トラブルの内容として多いのは、やはりお金の問題。
相談所には大抵どこにも「成婚料」というものがある。
結婚が成立したら求められる料金だが、金額が100万円、
200万円というところもあり、かなりの高額料金だ。
結婚した途端に相手側から別れを求められ、別れた場合でも、
成婚料は発生する。また、「成婚」の定義が婚姻届の受理では
ない業者も存在する。結婚の約束を口頭で取り交わした場合でも
「成婚」とみなす業者もあるのだ。何とも驚きの世界である。

 

もちろん中には、良心的な相談所もあるだろう。
だが、玉石混交の中から素人がそれを見つけ出すのは非常に難しい。
つまり、悪質な業者に引っかかってしまう可能性が高いのだ。
ネットでは様々な相談所が紹介されているが、書かれている評判が
正しいかウソかなんてわからない。相談所が広告会社にお金を払って
良い評判を謳う広告を出すことなんて簡単だ。

 

冷静に考えてみれば、通常、外国人と知り合うのも難しいのに、
ましてや国際結婚がお金を払うだけで簡単に出来るということに
疑問を持つのが当然ではないだろうか。
日本人が日本人と結婚するのさえ、相談所を使わないで婚活すれば、
なかなか大変だと思う。運やタイミング、ひょんなことからの
出会いを待つ人だっている。

 

つまり、楽をしようとしてお金を払って国際結婚をしようとすれば、
失敗してしまう可能性が高いのだ。結婚後のことまで保証をする
相談所もあるが、本当に補償に応じるかは疑わしい。
名の売れた大手保険会社の医療保険でさえ、”払い渋り”、

すなわち保険金不払いの報道がされているくらいなのだから。

 

あなたがもし国際結婚に理想を抱いているならば、国際結婚相談所は
利用しない方が賢明である。

 

スポンサーリンク

-わくわく国際結婚