予想外の電車!衝撃のバス!!

 

 

マレーシアでは首都・クアラルンプールを中心に
公共交通機関が”表面上”様々に整備されている。
但し、日本と同じ感覚で利用することは出来ない。
それには、やはり途上国と言わざるを得ない状況が
根底にある。

 

使い物になるかと言えば、最も使えるのは「LRT」。
現在ではクアラルンプールに2路線1支線が
あるのみだけど、今後、クアラルンプール周辺を含め
広く整備される予定。しかし、マレーシアにおいて
工事は遅れるのが普通なので、数年のうちに出来上がる
とは思わないほうがいい。
このLRTだけが、僕の感覚から言って、唯一まともな
運行をする。大体10分に1本くらいはやって来るし、
車内もキレイ。

 

次はKLモノレール。たまにトラブルで運休したり、
車両数が少ないので混雑時に乗れない時がたまにある。
路線がクアラルンプール都心部にしかないため、
生活路線とは言えない。

 

KTM(マレーシア国鉄)は常に遅れる。
路線長は最も長く、正確にはシンガポールから
タイ国境までがKTMの線路。
同じ線路を国際急行や貨物列車が走っており、
それらが遅れると、玉突きで影響が出てくる。
クアラルンプール近郊に限り複線電化され、
KTMコミューターという近郊列車が
大体15~30分に1本走る。料金は安い。
しかし、都市計画を全く知らないのではと思うほど
駅がとんでもない位置にあることが多く、
全く役に立たない場合もある。クアラルンプールに
住む人なら、日常的に使う人は少ないかもしれない。

 

バスはまずバス停があまりない。
正確に言うと、乗降場所は存在するが、
ポール等の目標物が何もない場合が多い。
時刻表はもちろん存在しない。
ホームページや実際に歩いて下調べをしないと、
どこ行きのバスが何分おきに走っているかがわからない。
僕の場合はグーグルマップで調べた。
一部路線が載っているので。
また、自宅から最寄りの乗降場所はバス停がないため、
何となく人が乗り降りしているのを観察し、突き止めた。
乗るときは手を挙げる等のアクションを起こさないと
通過される。降りるときは運転手に降車を告げるか、
少ない降車ボタンを探して押す。押してもチャイムが
鳴らない時があるので、その時は叫ぶ。

 

また、都市部においてはラッシュ時の渋滞が酷いので、
遅れることは日常茶飯事。だが料金は非常に安い。
車両もスウェーデン製が多く、スタイリッシュだ。
クアラルンプール、ペナンにおいては、かなりの路線網が
存在するので、乗り継ぎや混む時間帯などを把握して
使いこなせればかなり役に立つ。

 

 

 

このように、様々な事情と状況がマレーシアには存在する。
公共交通だけではないのだけれど、マレーシアは総じて、
「見た目は立派だが、運営・保守に問題ありまくり」
が多い。初めは鳴り物入りで立派にオープンするが、
壊れたり問題が起きたら、そのまま使用中止。
以後、直されずに放置。このパターンが非常に多い。

 

対照的なのはシンガポール。このようなことは
ほとんど見られない。こういったことを許容できる器量も、
日本人がマレーシアで暮らすには必要だと思う。
出来なければ、マイカー生活を徹底するか、
シンガポールに暮らすしかない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です