The Journey(一路有イ尓)というマレーシア映画

 

 

これは以前、マレーシアで大ヒットした映画だ。
あらすじは以下の通り。

 

 

 

ある旧正月の日。
イギリスに留学していた中華系マレーシア人の娘が、
一人ぼっちの年老いた父の下へ帰ってきた。
イギリス人の恋人を連れて。

 

そんな娘を見て、父は激高した。
だが娘は子どもを身ごもっており、
恋人の男も初めて知った現実を前に結婚を決意する。

 

父はただただ淡々と結婚式の準備を進めている。
昔ながらの中華式婚礼の方式に則り、
招待状を昔からの友人に「手渡し」で渡していく。
新郎の運転するバイクの後席に乗って。

 

そこで様々な人間と出会い、アクシデントを重ね、
男も義父という人間を理解していく。
また義父も男を少し理解する。

 

残された娘は、一人で過ごしながら
昔の記憶を辿っていくうちに、
表には出さない、父の深い愛情を知ることとなる。

 

 

 

招待状を渡す「旅」をしながら、人生という長い旅が
少しづつ時間をかけて解きほぐされていく様子が、
この映画を見るうちに伝わってくる。

 

この映画を見ながら理解できることがもう一つある。
それは中華系を主としたマレーシアの文化だ。
旧正月の華やかな祭りの数々、街の様子、
人々の賑わい、考え方・・・。

 

もちろん日本語訳はないが、英語や中国語の字幕でも
大体の意味は理解できる。本編のセリフは中国語と英語が
混ざったもので進行する。

 

 

 

実はこの映画を、ようやっとDVDで鑑賞して、感動した。
ラストシーンでは感極まって泣いてしまった。

 

それは、映画の中と同じく、
中華系マレーシア人女性と結婚した外国人として、
イギリス人の男と自分を重ね合わせて
観てしまっていたのかもしれない。

 

 

 

↓ 紹介ムービー

http://www.youtube.com/watch?v=87aUx4za2k0

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です