厳しい厳しいシンガポール移住の条件

 

 

東南アジアでも群を抜いて発展している国、シンガポール。

この国へ移住を希望する日本人は、主に富裕層である。

しかしその条件は至って厳しい。
他の国が預金額や収入の条件を提示しているのに対し、

シンガポールははっきりとした額を公表していない。

目安として250万SGD(約2億円)という情報もあるが、

定かではない。

 

シンガポールに永住するためには、

PRと呼ばれる永住権パスが必要だ。
これは入管の審査を経て取得できるものだが、

どうやら金さえ持っていれば手に入るものではないらしい。

一定のステップを経ることが必要なのである。
その一つは、シンガポールの企業で何年か働くこと。

シンガポールには多くの日系企業があるので、

そこで働くことでもOK。

また、その給与額も重要だ。安いと審査に通らない。

就労パスも給与額で区別されるほどだ。

また4年制大学を卒業していることも必要。

シンガポールの大学を卒業していると有利とも聞く。

 

PRを所有していて与えられる権利は居住の権利だけではない。

家を買うことが出来る。といっても、

シンガポールは国土が狭いので、現実的に購入できるのは「団地」だ。

HDBと呼ばれるもので、シンガポール人(国籍を持つ者)なら
収入に応じて多少安く購入できる。

PRを持っていれば中古の住宅を購入できるのだ。
土地の所有権はなく、99年借地権となり相続不可だが、売却は可能。
シンガポールに住むマレーシア人夫婦の友人が

先日買ったというので見学してきたが、
100平米弱で3千万円程度だそうな。

運動できる公園やフードコートが併設され、結構キレイなところであった。

マレーシアの汚い物件に慣れ過ぎて

キレイに感じただけかもしれないが。

マレーシア人の夫婦でもシンガポールで働いていれば

PRを取得でき、諸権利が与えられ、中古物件の購入も可能なのだ。

 

資産を多く所有している人はシンガポールで法人を設立し、

数年後にPRを取得しているようだ。

それはシンガポールの成長に貢献すると判断されてのこと。
シンガポール政府は、自分たちの国に金銭的な面だけでなく、

金融面、文化面、科学技術面で利があるかを見極めながら、

PRを付与している。

 

制度や基準の変更もこれまで多々あったし、

これからも発生する可能性は高い。

何故なら、シンガポールは外国人の力で

成り立っている国だからである。

そのため、周辺国と同じような感覚での移住には、

条件面で折り合わないのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です