国際結婚&マレーシア移住しちゃったアニオタなオレ

マレーシア人女性と国際結婚したOtakuが海外に移住した。実際のところどうなのか、実体験に基づき情報を大提供!

マレーシアの文化・歴史

政府の珍妙な行動は日常茶飯事?

 

 

先日、面白いニュースが報じられた。
クアラルンプール市内を走る通りの名称が変更になるというものだ。
全部で8つの通りが対象になるとのことだが、その変更内容が凄い。

 

(例)
Jalan Duta → Jalan Tuank Abdul Halim

 

Persiaran Duta → Persiaran Tuank Syed Sirajuddin

 

”Jalan”や”Persiaran”は「通り」という意味。
今までは「デュタ通り」と短く覚えやすい名前だったのが、
いきなり長くて覚えづらい「偉い人」の名前になったのだ。
「トゥアンク・アブドゥル・ハリム通り」なんて具合に。
日本で例えてみると、「甲州街道」がある日突然
「木花之佐久夜姫街道」とでもなったものだろうか。

 

実はマレーシアではこういう名前がよくある。
比較的最近完成した、ペナン島にある半島との第二の連絡橋は、
「Sultan Abdul Halim Muadzam Shah Bridge」が正式名称だ。
しかし現地の人は誰もこんな名前で呼ばない。
「Second Bridge」(第二の橋)と呼んでいる。

 

どうやらスルタン(各州の王)など偉い人に敬意を表すために、
即位○○年、生誕○○年といった節目に、こういうことを行う。
もちろん民衆には不評だ。だが政府は空気が読めませんとばかりに
何度も行っている。

 

日本にも自分の娘の名前を湖につける、南関東のとある県の
阿呆な知事がかつていたり、人のことばかり言えた立場ではないが・・・

 

 

スポンサーリンク

-マレーシアの文化・歴史