ヨーロッパ人とアジア人、国際結婚の人気差とは

 

フランス人とマレーシア人、どちらと結婚したいか?
と問われたら、男性でも女性でも、
ほとんどの人がフランス人に手を挙げるだろう。
それは別に悪いことでも何でもない。

 

日本人がヨーロッパに憧れと優れたイメージを
持つのは当然だ。
実際、文化も技術も歴史も、切り拓いてきたのは
ヨーロッパだ。多くの人から支持され、
アジアはいつも追いかけてばかりだ。

 

フランス人が美人・ハンサムだから、
高度な文化を有しているから、
人によって理由は異なる。

 

もしかしたら、ヨーロッパを自分より
上の存在として見て、逆にアジアを
下の存在としてみているのかもしれない。
倫理上良くないことかもしれないが、
個人の思想としては別に悪いことではない。

 

今度は逆の立場で考えてみる。
ヨーロッパ人から見たら、日本もマレーシアも
同じアジア。日本はマレーシアよりちょっと
進んでいるかもしれないが、同じアジア。
憧れのイメージを持つ人は少ないのでは。

 

 

 

国際結婚に憧れる人は、自分をより高い所へ
相手に導いてほしいのかもしれない。
だが、相手は自分をどう見ているのか。
それを考えなければ結婚の意味はない。
お互いがお互いを魅力的な存在として捉えてこそ、
良好な関係が長続きするのかもしれない。

 

と言っても、僕もまだ国際結婚して数年の
ヒヨっ子だが・・・。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です