国際結婚&マレーシア移住しちゃったアニオタなオレ

マレーシア人女性と国際結婚したOtakuが海外に移住した。実際のところどうなのか、実体験に基づき情報を大提供!

わくわく国際結婚

日本人と結婚したい外国人の目的はただ一つ

2016/07/29

 

 

日本人は世界からどのように見られているか、お分かりだろうか。
中国人に王座を奪われたとはいえ、古くからの評判はまだ生きている。
答えは「お金を持っている」である。

 

その日本人と結婚したい、と言っている外国人がいたら、
それはほとんどの確率で「お金が欲しい」からに過ぎない。
間接的に「お金を稼ぎたいから滞在ビザが欲しい」もあるだろう。
夢のないことをあっさりと言い放つには、確固とした理由がある。

 

日本人男性と外国人女性の結婚で、件数が最も多いのが
中国人女性との結婚だ。次いでフィリピン人女性との結婚。
両者とも離婚率は高い。

 

中国人女性の、2009年から2013年までの5年間における
離婚率は約60%。フィリピン人女性とはなんと95%。
ただしこれは同期間中に結婚と離婚をしたと仮定したうえでの数値。
平均婚姻継続期間なるデータはないので、実際夫婦でいる時間が
どれくらいなのかはわからない。しかし同じ年に婚姻件数と
離婚件数がほぼ同じというフィリピン人女性には、
疑いのまなざしを向けずにはいられないのだ。

 

すべてを理解したうえで、彼女たちと付き合っているというならば、
もはや忠告すべきことは何もない。それは当人たちの自由だ。

 

ただ、「騙された!」という声が公的相談機関やブログに多数
寄せられているという事実も無視できない。
彼ら日本人男性は、人間を見つめて「幸せ」を求めて結婚したのだから。
だが彼女たちが求める「幸せ」は違っていたのだろう。

 

お互いの見つめる「幸せ」がずれていないか、客観的に見ることは
なかなか難しいことだ。そこには「感情」が交差するのだから。

 

だが、日本人と結婚したい外国人がいたら、その多くはとある特定の
「幸せ」を得るためか、世にも珍しい日本文化マニアか、いずれにせよ
純粋な目的のものは少ないだろう。

 

そういった相手を語るときは、国籍ではなく、ぜひ人格で語ってもらいたい。

 

 

スポンサーリンク

-わくわく国際結婚