ローカル料理を食してみると・・・!

 

 

 

マレーシアの料理は美味しい。
僕は素直にそう思う。
だけど日本人にとっては、
毎日そればかり食べるのはキツい。
当たり前と言えば当たり前。
日本人は毎日米とミソ汁が食卓に出てきても
イヤとは思わないだろう。
マレーシア人も一緒。

 

マレーシアには主に3つの民族がいる。
マレー系・中華系・インド系。
実は、それぞれ食べる料理も違うし、
そもそもレストランも3つに分かれている。

 

まず、宗教で分かれている。
マレー系は原則イスラム教徒(ムスリム)だが、
イスラムの教えでは豚は不浄のものとされて、
豚肉は食べられない。
それだけでなく、豚肉を扱うレストランに入ってはいけない。
このようなレストランはノン・ハラール(Non Halal)といって、
中華系やインド系(非ムスリム)しか行かない。

 

マレー系は豚肉を扱っていないハラール(Halal)のレストランへ行く。
ここでは、ココナツミルクで炊いたご飯と

辛いソースが添えられたナシ・ロマ(Nasi Lemak)や、

甘辛ソースで食べる焼き鳥サテ(Satay)、

スパイシーな焼きそばミー・ゴレン(Mee Goreng)

などがある。

 

中華系は日本人に最も近い食文化を持つ。
これは中華料理と思っていただければいい。
中国南方から移民してきた歴史があるので、
広東・福建・海南風の中華料理だ。
海南鶏飯(ハイナン・チーファン)、肉骨茶(バクテー)、
スチームボート(魚・野菜の鍋物)などがある。
さらに、マレー系と中華系が混ざって出来た料理もある。
ココナツミルク風のカレーラーメン、カリー・ラクサなどが代表。

 

インド系はヒンドゥー教徒が多い。ヒンドゥー教はベジタリアン

なので、肉を食べない人が多い。が、結構規律は緩く、

肉を食べるインド系もたくさんいる。ロティ(薄いナンみたい)や

フィッシュヘッド・カレーなどがある。

 

また、マレー系・インド系は右手で食べる人もたまに見かける。
バナナの葉に盛られたご飯やカレーを3本指でつまんで食べる。

 

 

 

これらはマレーシアに来た当初はよく食べた。
が、今では家でご飯を炊いてミソ汁をよく作っている。
理由は簡単。

 

こればっかりでは「飽きる」のだ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です