D.L.C デュアルライフクリエイター

好きな街で暮らすーネットビジネスで稼ぎながら日本と海外のデュアルライフを!

国際結婚

国際結婚に後悔する理由とは

2017/08/01

 

国際結婚には様々な問題が生じる。最悪なのは、お互いに結婚の目的が
異なる場合だ。具体的には、ビザやお金目的の結婚詐欺だ。
こうなってしまってはもはや後悔のしようもない。そのまま長く
結婚生活を続けるのは極めて難しい。そうならないためにも、相手の
ことを時間をかけてよく理解することが大切だろう。勢いとノリだけで
結婚を決めてしまうことは、もはやギャンブルだ。

 

後悔なくお互いに幸せな結婚を迎えるには、双方ともに「自分は
こういう人間だ」ということを見せておくことが大事。僕は結構
細かい性格。髪の毛を拾い始めると止まらなかったり、料理の
洗い物はきっちり終わらせないと気になる。だが妻はまるで正反対。
財布はレシートだらけだし、物の整理を全くしていないため、
バッグから家のカギを探すのも時間がかかる。僕がいくら言っても
直らないので、もう諦めている。

 

また、歴史認識にも差がある。太平洋戦争あたりの話になると、ほぼ
100%ケンカになる。マレーシアの教科書(特に中華系学校の)では、
当時日本軍が行った凄惨な過去を挙げ、非難している。そういった
教育を受けているので、お互いに話しても平行線なのだ。なので、
こういった話題は常に避けている。だがテレビでCCTV(中国国営
テレビ)が映っていると、ほぼ毎日日本批判をしているので、
さりげなくチャンネルを替えなければいけないのだが・・・。

 

だが僕の場合で言えば、そんなのは些細なことに過ぎない。
後悔よりも、結婚してよかったという気持ちの方が強い。
マレーシアや諸外国への興味を駆り立ててくれたのだから。

 

日本人同士の結婚でも相互理解は必要不可欠だが、国際結婚では
常識から文化までまるで異なっているので、より慎重に見極める
必要があるだろう。今まで日本で暮らしたことのない外国人が
日本で暮らすことになった場合など、ギャップが大きすぎて
帰国する例もある。帰省にも航空券でお金がかかってしまうだろうが、
誰しも故郷に帰ることは大事なこと。僕たちが日本で暮らしていた
ころでも、妻は帰省したいときに帰省していた。と言っても、
1年に2回程度だけど・・・。

 

-国際結婚

error: Content is protected !!