携帯電話天国・マレーシア??

 

クアラルンプールの中心部にブキ・ビンタンという繁華街がある。
ここにPlaza Low Yatというビルがあり、下から上までまさに「秋葉原」。
1階(マレーシアではGround Floor)から2・3階くらいまで携帯電話や
タブレット、アクセサリーの店で埋め尽くされ、そこから上はパソコンや
パソコン部品、プリンターの店がある。好きな人なら一日居ても飽きない
だろう。

 

ここに来ると、実に様々なメーカーの電話が売られていることに気付く。
日本では見たことない世界中のメーカーのものがある。それは何故か。
マレーシアでは携帯電話は通常SIMフリーで、キャリア(回線業者)の
制約を受けない。つまり、どの携帯電話を買っても、通話するための
キャリアを自由に選ぶことが出来る。2枚のSIMカードがセットできる
携帯電話もあり(デュアルシム)、国際電話と国内電話で使用する
キャリアを選ぶことが可能だ。

 

日本に暮らす場合、携帯電話本体はキャリアから購入するのが
当たり前という感覚だろう。そもそも日本の携帯電話業界は
成り立ち時からそうだった。だから皆不思議と思わない。
生まれたときから柵で囲い込みされて育ち、それに疑問を
抱かない羊のように。

 

だがマレーシアを含む海外は違う。まず携帯電話を手に入れ、
それからキャリアを選ぶのだ。しかも2年契約とか無粋なルールに
縛られることなく、自分で自由に選べる。キャリア間の乗り換えも
番号そのままに乗り換えることが出来る。

 

そしてもう一つの特徴は、毎月後払いをする日本のような形ではなく、
先に入金するプリペイドが主流というところだ。これは間違いなく、
キャリアが取りっぱぐれを防ぐため。外国人労働者の多いマレーシアは、
光熱費やローンを踏み倒されることも珍しくないのだ。コンビニや
路上のカフェで入金用のカードが売っているので、それを使って
入金する。額により有効期限が異なるので、注意しなければならない。

 

だが実はマレーシアでは携帯電話やパソコンはあまり安いと感じない。
むしろ日本の方が安いくらいだ。多くが海外メーカー品の輸入の
ためだろうか。最近ではマレーシア国産の携帯電話や、ASEAN MADEと
いった、地域性を前面に出した製品も登場している。だがマレーシアで
人気の携帯電話は圧倒的に韓国メーカー・サムソンである。
日本メーカーの携帯電話を持っている人なんてまず見ない。
こういったところでも、世界と日本に違いを実感してしまうのである。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です