Google Analytics(グーグルアナリティクス)に必要な5機能・使い方!直帰率、離脱率、滞在時間とは?

ども、Kosukeです!

Google Analytics(グーグルアナリティクス)、どんなものなのかな~、というのは前回説明させていただきましたが、「セッティングしておけば色々なことがわかるんだなぁ~」なんて思いましたでしょうか?

正直、そのくらいの認識でいいんだと思います。とれるデータが膨大で、使い切れないほどの機能が満載なのですが、まずは最低限必要な機能や使い方さえマスターすれば十分です。すべての機能を使い切る必要はありません。

直帰率、離脱率、滞在時間なんて専門用語も出現しますが、そちらの解説も併せて行います。

今回は、その必要十分な機能を5つだけ紹介したいと思います。操作面についても、動画をご覧いただければどこをクリックすればいいかがわかると思います…。

Google Analytics(グーグルアナリティクス)で最低限必要な5つの機能

(1)リアルタイム状況の確認

左メニュー・レポート→「リアルタイム」→「概要」とクリック

今現在あなたのサイトを見ている人数や媒体(パソコン、携帯電話、タブレット)が分かります。

(2)ユーザーサマリーの確認

左メニュー・レポート→「ユーザー」→「概要」とクリック

指定期間にアクセスしたセッション数、ユーザー数、PV(ページビュー)数、平均セッション時間、またユーザーの各種情報(市区町村、使用環境等)がわかります。

セッション数とは、あなたのサイトに訪問してからページを閉じるまでを1としたときの数です。一方、ユーザー数は個別に判別しています。あるユーザーがあなたのサイトを開き、いったん閉じて1時間後にまた開いたら、セッション数は「2」、ユーザー数は「1」となります。セッション数は30分以内に再訪問された場合、カウントされません。

PV(ページビュー)数は、開いたページの数だけカウントされます。ある人があなたのサイトを開き、そのページのリンクをクリックして他のページを見て、さらにそのページ内のリンクをクリックして他のページへ…するとPV数は「3」となります。1人の人がたくさんのページを見る場合や、1ページだけ見て閉じる人もいます。

平均セッション時間は、「滞在時間」と類似して呼ばれることもあります。1訪問あたりのあなたのサイトでの滞留時間です。

「Googleが良い評価とするサイト」として、多くのユーザーにアクセス(ユニークアクセス)され、1人がたくさんのページを見て、かつ滞在時間が長いこと、がよく言われています。つまり、あなたのサイトの内容が多くの人を引きつけ、軽妙な筆回しでついつい読み込んでしまう…。ほかの記事も読みたいゾ…と、いろんな記事を巡っていたら、あっという間に30分くらい経ってしまった…。そうなれば、Googleはあなたのサイトを最高に評価してくれることでしょう。でもそれが非常に難しいんですけどね(笑)

(3)期間の設定

右上の日付が表示されている枠をクリック→「期間」をクリックし「カスタム」(任意)「今日」「昨日」など集計したい期間を選択できる

各種データを集計する際に、期間の設定はまずやらなければなりません。デフォルトでは前日から1週間前までが集計期間となっていますが、昨日のみ集計したり、状況に応じて変更してください。また「比較」のチェックボックスをクリックして期間を設定すると、任意の期間との比較が可能です。1年前と比べたら、半年前と比べたら、夏と冬を比べたら…など、サイトの成長度の確認にもなります。

(4)訪問者の検索キーワードの確認

左メニュー・レポート→「集客」→「キャンペーン」→「オーガニック検索キーワード」とクリック

これは非常に重要です。訪問者がどんなキーワードで検索し、あなたのサイトに訪問してきたかがわかります。つまり、ここに表示されたキーワードで、あなたのサイトは検索エンジン(GoogleやYahoo)で上位表示されやすいと考えられます。しかし、検索エンジンからやってきたすべての訪問者のデータが取得できるわけではなく、一部のみになります。多くは「not provided」=(情報の)未提供と表示され、どのようなキーワードで訪問してきたかが不明となります。

(5)ページ別のPV数、平均ページ滞在時間、直帰率、離脱率等の確認

左メニュー・レポート→「行動」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」とクリック

(3)で期間を設定し、この確認をすると、期間あたりのページ別の詳細が判明します。どのページにアクセス(PV数)が集まっているかがわかるので、ヒットしている内容が判明します。

滞在時間は、そのページがどれだけの時間表示されていたかを表します。長ければ長いほど良いです。1分未満であれば、ちょっと少ないかもしれません。4~5分もあれば素晴らしいと思います。以下に読者を夢中にさせるか、画像を入れたり、見出しに気のきいた文章を入れたり、焦らしたり…様々な手法で滞在時間を伸ばしましょう。

直帰率とは、当該ページからアクセス(セッション)が始まり、そのページだけで当該サイトへのアクセス(セッション)が終了してしまった割合を表します。例えば、2人のユーザーが検索エンジンからあなたのサイトのAというページにアクセスし、1人はAページだけ読んでそのサイトを閉じてしまいました。一方もう一人は、Aページに貼ってあったリンクをクリックしてBページも読みました。この場合、直帰率は50%となります。

要するに「飽きられやすいか、次を読みたいと思わせるサイトか」を判断しているんですね。もちろん後者の方が検索エンジンの評価は高いので、直帰率を低くするよう努力することが大切です。

離脱率とは、「そのページが当該サイトで最後に表示されたページ」である割合です。要するに、どのページがつまらないか、飽きられたかを判別できます。もちろんこの離脱率も低いほうがいいのですが、ユーザーは永遠に当該サイトを表示し続けるわけはないので、必ずどこかのページで当該サイトを閉じます。ある程度の偏りが発生するのは当たり前ですので、離脱率より直帰率の低減に努めたほうが良いでしょう。

まずは「己を知る」こと!

現状を把握することはとても大切です。自分に足りないものが分かるからです。そしてその足りないものを補っていく、改善していくことで、サイトはどんどん良化していきます。

このGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)は奥の深いツールであり、今後進むべき道を指し示すコンパスのような存在とも言えます。読み解き方は難しいですが、表示されたデータから解釈が出来るようになると、なくてはならないツールに思えてきます。

ぜひ、ちょこちょこいじっていただいて、アナリティクスマスターとまではいかなくとも、5つの機能だけは使いこなせるようになってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です